ホーム > 製品情報 > 分析レポート > 加速度計及びGPSによる加速度の比較
製品情報

加速度計及びGPSによる加速度の比較

㈱データ・テック 基礎理論研究所
 目的
加速度計で計測した加速度とGPS速度から計算した加速度の比較

 資料
(1) 2000年*月1*日 5時13分 に発生した「側面衝突事故」データ
(2) センサー種別
セイフティレコーダに搭載された前後加速度計・横加速度計・方位ジャイロ・GPSを使用し比較
SRcommセンサー構成図
(3) サンプリング周期は
  前後加速度計 : 10Hz(0.1秒周期)
  横加速度計   : 10Hz(0.1秒周期)
  方位ジャイロ  : 10Hz(0.1秒周期)
  GPS       : 1Hz(1秒周期)     ※GPSのみ1秒周期
 データ
(1)衝突時のデータ
壁面衝突データ
※1:GPS速度は1秒周期のため、荒く表示される。
※2:「演算速度」は10Hzで収集した前後加速度計の加速度を積分して演算
※3:「前後加速度」はセイフティレコーダ(SR)に搭載された加速度計で計測した。
(2)衝突時加速度比較
搭載した加速度計とGPS速度から演算した加速度の比較
加速度比較
※ 1:「前後加速度計」はSRに搭載した加速度計で計測
※ 2:「GPS加速度」はGPSで計測した1秒周期の速度を微分し計算。
  発生した加速度を計測できない。
 結論
「GPSで計測される速度により加速度を計算することは出来ない」

 理由
(1)取得データの約2秒ほどの時間的な遅延が存在
(2)1秒周期で計測されるGPSによる加速度演算は分解能が荒すぎるため、データとして信頼性が欠如
(3)トンネル、駐車場などGPS非測位時加速度演算が不可能
(4)GPS速度は後方に進行しても同じように計測される。従ってGPSのみでの場合上記加速度が正面衝突しなのか、後方からの衝突なのか区別できない。
(5)GPS速度は側面からの衝突も区別できず同様に計測
ページTOPへ戻る