ホーム > 製品情報 > 分析レポート > 「インフォグラフィックス」で運行状況をよりわかり易く・・・
製品情報

「インフォグラフィックス」で運行状況をよりわかり易く・・・

エコロコーポレーション  古田 雅宣
 インフォグラフィクスとは、言葉では説明しにくい情報を視覚的に伝達する図のことを言い、近年、新聞・雑誌では文字や写真では伝えきれない事柄をグラフィクスで視覚化することでニュースを分かりやすく伝える役割を担っています。

 近年多くのスペースを割くようになりました。

 そこで今回はインフォグラフィクスのひとつ、グラフを使い運行データの加工に一役買ってもらう事に・・・
グラフの特長は、数字の意味する大きい、小さい、多い、少ないを図にして表現するので数値の増減(変化)が一目でわかるという便利さあります。
数値による情報
数値による情報
インフォグラフィックによる情報
インフォグラフィックによる情報
 データをグラフで表すと異常の状況や比較による違いが一目瞭然にわかります。
 セイフティレコーダでの取得運行データはエクセルCSVファイルへ変換・保存できるためグラフへの置き換えは簡単に行なえます。
 運行データを目的に応じグラフ化することで感覚・感触から数値データへ更に視覚へと誰が見ても分かる情報へ変化します。
 乗務員と話し合うときに都合がいいのではと考えております。
ページTOPへ戻る