ホーム > 導入事例紹介 > 全フォークリフトに導入スタート 事故防止に安全教育推進へ
導入事例紹介

全フォークリフトに導入スタート 事故防止に安全教育推進へ

株式会社トランス・グリップ 様


センターの全フォークに導入 トラックの実績が後押し

  プロロジスパーク川島 (株)トランス・グリップは菓子・食品の総合商社の物流子会社として、1990年に設立された。親会社が扱う菓子・食品を全国のコンビニやスーパーなどに供給する工程を担っている。当初は店舗への配送業務だけでスタートしたが、現在は物流センターの運営も受託し、商品の入庫から保管、仕分けも含めた業務を一貫して担うようになった。今回取材で訪れたセンターでは食品全般を取り扱っている。同センターは、プロロジスパーク川島(埼玉県比企郡川島町/写真1)内にあり、埼玉県内の店舗配送を受託している。

 同センターの業務作業効率化に欠かせないのがフォークリフトだ。リーチ式14台、カウンター式4台が稼働している。リーチ式は庫内で商品を入出庫、カウンター式はトラックへの積み降ろしという役割分担だ。今年9月、これら計18台のフォークリフトすべてにデータ・テックのドライブレコーダーが導入された。同社のセイフティレコーダ®シリーズのうち、フォークリフト専用に開発された「SRForkLift N」である(写真2)。

SRForkLift N   本センターではこれまで、人身事故は発生していないが、フォークリフトがラックや防火シャッターに接触するといった軽微な事故は絶えないという。事故の発生頻度は月1件程度だが、大きな課題となっている。もちろん手をこまねいていた訳ではなく、KY(危険予知)トレーニングで事故の再現写真を撮り、それを教材に月例ミーティングを実施。ヒヤリハットについてフォークオペレーターが状況、原因、改善策を文書にまとめ、毎月最低1枚は必ず提出するといった取り組みも進めている。

ピッカーとすれ違うフォークリフト  そして今回、フォークリフトオペレーターのさらなる安全意識の向上を図るため、セイフティレコーダ®の導入を決めた。既に同社はトラック全台にドライブレコーダーを導入しており、効果を挙げた実績があることが、導入を後押しした。それを知る荷主からも導入の要望があったという。

 代表取締役社長の竹上清文氏は「事故原因を究明するだけでなく、安全教育につなげたい、と考えました」と語る。センター内では常時30人のピッカーがフォークリフトと同じ動線を行き来しており、フォークリフトの傍らをすり抜ける場面も多い(写真3)。だからこそ未然に事故を防止するため、フォークリフト安全教育を強化することにしたのだ。

危険運転の実際を学んで改善 バック・旋回中の挙動も検知

危険運転の実際を学んで改善 バック・旋回中の挙動も検知
 セイフティレコーダ®では、加速度センサーで急加速や急ブレーキ、ジャイロセンサーで急旋回などの注意すべき急挙動を検知。そのデータとともにカメラの映像記録を合わせて検証すれば、バックや旋回中の荷崩れ、走行中に周りの荷物と接触した原因を確認できる。急挙動のデータと映像を「注意書」として印刷することも可能だ。常時記録をとっているので、急操作だけでは分からない些細な事故も見逃すことがない。また、事後に検証するだけでなく、危険運転を検知するとブザーで警告音を発してオペレーターに注意喚起する機能もある。同センター第一営業所・所長の角谷健児氏は「実際にこの運転のこの部分が問題だということをオペレーター全員で学習できれば、改善につながります」と期待する。他社のドライブレコーダーと違い、走行速度や加減速、旋回操作の状況を詳細に把握可能なので、様々な視点から運転操作を評価でき、100点満点で点数化する診断機能も備える。

 テスト導入の段階では、急発進や急ブレーキが少なく非常に優秀という評価を受けた。それでも竹上社長は厳しい姿勢を崩さない。「その結果だけでは、優秀と分かった、で終わってしまう。事故を起こさなければいいと考えたら、オペレーター本人も危険運転に気づかないでしょう。客観的なデータで深掘りすることが大切です」と強調する。

 たとえば同センターでは、時間に追われる忙しさの中、バックする際に後方確認が不十分な場面も散見されるという。これは人身事故にもつながりかねない危険な運転だ。セイフティレコーダ®ならバックの挙動も検知・記録できる。前進からバック、バックから前進に切り替える時、その停止時間をグラフ化して集計する機能だ。これで安全確認をどの程度行っているか推測できる。第二営業所・所長の新井崇氏は「一呼吸置いてからバックすることがなかなかできていません。データとして残れば、指導につなげられます」と語る。
 

全従業員で情報共有 密接なコミュニケーションに期待

 同社では今後、注意すべき挙動として記録された映像のうち、ヒヤリハットのような特に危険な運転映像を食堂などに掲示し、センターの従業員全員で共有を図る考え。前述のようにフォークリフトの稼働域を多数のピッカーも通行することから、「フォークリフトのオペレーターだけが気を付けていても事故はなくならない」(竹上社長)からだ。

業務管理日報を自動で印刷できる

 同社は管理者が注意喚起するだけの教育から、より密接なコミュニケーションを伴った安全向上の取り組みへ進化させたい、と計画している。日報をA4用紙1枚の帳票にして印刷する機能がある(図表1)ことから、この日報を手がかりにして朝礼や終業時などに安全運転について意見交換をする考え。

 竹上社長は「センター運営の善し悪しはフォークリフトで決まると思います。セイフティレコーダ®の導入を機に、しっかりと安全を確保していきます」と力強く語っていた。同社ではWEBサイトでトラックとフォークリフトにドライブレコーダーを完備していることを情報発信し、安心して働ける職場であることを優秀な人材獲得のために訴えていく予定だ。

PDF PDFでもご覧いただけます。

ページTOPへ戻る